×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

  
公益通報者のその後
公益通報を行った人、公益通報という言葉が一般てきでない為、内部告発を行った方のその後はどうなったか。結論をさきに言えば

    大半の方がある意味、惨めな状況におかれている場合が多いのです。現実です。

既に私のHPを読んで頂いた方はお解りになると思いますが、公益を保護する意思を持ち、不正の目的などの気持ちなど持たず、正
義感、良心の元に公益通報、内部告発を行った方がどうしてこのような状況になるのか....



東北のある大学病院の産婦人科医
患者に対する病院の信じがたい行為を告発。現在も在職しているが10年以上も厳しい状況下におかれている。

埼玉のある病院の医師

ご自身の尊父を医療事故で亡くされ、検察に協力したら、教職をはずされ、実験施設で器具の清掃、多くの嫌がらせ、多くの類似事
例を出している悪名高き大病院。この病院は過去、多くの医療過誤、不当解雇などで有名です。

東証一部上場企業において、実名で公益通報、内部告発を労務提供先に行った多くの公益通報者、内部告発者
・解雇、不利益処分は行われていないが、会社に居づらくなり転職を余儀なくされた多くの通報
 者。
・公益通報とは関係ない、正式な別事由という名目で転勤された方。
・現職には居づらいだろう。むしろ組織の改善、是正に必要と配転、転勤された方
・閑職や関連企業に対し、正式な別事由という名目で配転、転勤された方


この現実をどう考えますか。仮に内部告発、公益通報をして給料があがった。昇進した。などの例は皆無ですし、実質的にある面で自
分に有利になった、人間関係も変わりないという状況も極めて少ないのが現実なのです。

仮に労務提供先が公益通報に対し、非常に理解がある場合であっても、通報対象事実を生じさせた職員は処分される場合が多い。更に
その周囲を取り巻く人間関係。労務提供先のトップや幹部の公益通報、内部告発に対する対外的な反応と裏腹の思い。

公益通報の対象となった労務提供先の不当調査、身内お手盛り調査
                                             も参考に参考にしてください

だからこそ私は、敢えて事業者外部(報道機関)に対する内部告発と匿名による労務提供先、行政また両方に対する通報行為に対す
る情報をHP上で提供しているのです

公益を保護する意思を固め、不正の目的などの気 持ちなど持たず、正義感、良心の元に公益通報、 内部告発を行う人たちの為に。